関西学院大学 社会心理学研究センター長就任

一般に「属人的」という言葉は、組織がネガティブな状態にあることを表すために使われますが、個人的な意見としては、大学においてはプロジェクト等が属人的であることは、必ずしも悪いことではないと思っています。

誰かが立ち上げ本人が情熱を持って運営していたものが、なんちゃら委員の担当業務となって引き継がれることで無駄に時間を食うだけのお荷物となったというプロジェクトの抜け殻は、研究・教育を侵害する害悪でしかないと思います。

それだったら、プロジェクト自体を継続するのではなく、リーダーが飽きたら畳んでまた別のプロジェクトを立ち上げるという仕組みを継続させるほうが、自発性やイノベーションが求められる大学という場所に合っているように思います。

それでも引継ぎを行ってプロジェクト継続する価値があるとすれば、それは業務内容だけでなく、立ち上げた者の想いまでをも継承できる場合に、限られると思っています。

さて、関西学院大学社会心理学研究センターを立ち上げた三浦麻子さんが大阪大学への転出されるわけですが、それでもセンターは継続すべきなのでしょうか?

時は2013年、センター立ち上げの2年前に戻ります。私、稲増一憲は「世論やメディアに関する計量社会学的研究」という自分の研究分野どストライクの公募を見つけ、半ば記念受験のつもりで応募した関西学院大学社会学部に着任し、専任講師として働き始めました。念願のテニュアを獲得したのですから、情熱を持って研究にまい進と言いたいところですが、正直言って、当時の自分は研究者としては死にかけの状態でした。

前職は、面接で研究内容についてはほとんど聞かれないといったポジションで、産学連携のPBLに加えて、インターンシップの指導と基礎ゼミを担当するのが仕事でした。つまり、研究や専門性に基づく授業が期待されたポジションではなかったということです。

そして、私はこの仕事に向いて…いすぎました。今振り返れば大学教育としてよい授業だとはまったく思えませんが、(そうしようと思えば)学生を育てることのやりがいと達成感だけは、味わえるポジションでした。

しかし、前職の3年間、まともに論文をチェックしておらず、研究会にも出ておらず、下手をすれば学会すら行かない、なんてことをやっていたわけで、知識も研究のスキルも、どんどん錆びついていきました。夏休みと春休みに(職場は相部屋であり、かつ部屋にいると学生のたまり場になって研究ができないので)母校の図書館に籠って博論を書き上げるのが精いっぱいでした。

そんな状態でしたから、テニュアを獲得し専門性に基づく授業が担当できるようになったから研究をしようと思っても、錆びつきかけた院生時代の遺産くらいしか武器はなく、当然うまくいかずに、焦りばかりが募っていきました。

そんな時、研究者としての私を救ってくれたのがお隣の文学部の三浦麻子さんでした。

Twitterでつぶやいたちょっとしたアイデアを拾われて、その場で共同研究が始まりました。共著論文には、これでもかというくらい赤を入れられまくりました。最初は「院生じゃないんだから」と少し落ち込んだり、腹を立てたりもしたのですが、そういえば、院生時代にも査読前にここまで熱心に論文に赤を入れてもらったことはなかった、と思うと、こんなにありがたい話はない、と思うようになりました。その後三浦さんとは共著で6本の業績を出し、もうすぐ7本目が査読を通ると思います。

このように研究業績を挙げられるようになったことも重要ですが、それよりも何よりも、その過程で「研究はしかめっ面をしてやるもんじゃないよ」と研究を楽しむことを思い出させてくれたことが、今の自分を形作っています。

そして、社会心理学研究センターのミーティングでは、三浦さんは私だけでなく、それぞれに「あなたは統計講師でもプログラマーでもなく、社会心理学者だ」「院生の研究を熱心に指導しているのは分かったけど、あなた自身の研究は?」と、研究者であり続けるための言葉をかけられていました。

社会心理学研究センターは、そんな三浦さんの想いが具現化した場所であり、研究を心から楽しもうとする者たちが集う場所、日々の忙しさの中で自分が研究者であることを忘れそうなとき、それを思い出させてくれる場所だと、私は思っています。

3月の合同ゼミでは、三浦ゼミ、小川ゼミ、清水ゼミ、稲増ゼミに進学予定の大学院生たちが発表を行いましたが、きっと彼ら彼女らも、そんな場所に惹かれたという面があるのではないでしょうか。

三浦さんの代わりは誰にも務まらないことは、もちろんよく分かっていますが、この場所は、誰かが受け継ぎ守る必要があり、その役割を三浦さんに恩を受けた自分が担うのは、使命かもしれないと思っています。こんな長文を書いてしまうくらい気負ってはいますが、清水さん・小川さんもいるし、三浦さんも客員研究員としてセンターに残ってくれるので、まあなんとかなるだろう、と楽観的に捉えています。

というわけで、2019年4月1日より、二代目センター長となりました稲増一憲です。みなさま、よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

稲増ゼミ5期生卒業論文発表会

1月28日月曜日に社会学部棟201教室にて、2018年度の稲増ゼミ5期生19名の卒業論文発表会を行います。1人の持ち時間は15分、発表12分質疑応答3分の社会心理学会スタイルです。

稲増ゼミ生だけでなく、同級生や先輩の発表を聞きたい他ゼミ・他学部の方、稲増ゼミの志望を考えている1回生などはもちろん、当日はどなたでも参加していただけますが、学外の方はご一報いただけますと幸いです。もちろん、途中入場、途中退室についても問題ありません。

なお、卒業旅行・内定先企業の研修などの理由で当日欠席する学生については、事前にパワポを預かった上で指導教員が代わりに紹介します。

第一セッション 12時~13時15分
褒められた際に生起するネガティブ感情の検討 ―愛着スタイルと比較による褒めから― 山﨑果澄
怒りの表出に影響を与える要因について ―周囲の反応と個人特性からの考察― 光井大貴
恋愛における告白の動機 ―何が告白を多くさせるのか― 門多駿
日常場面のおける先延ばし行動に関する研究 ―先延ばしをする人としないはどこに差があるのか― 李融
食の好き嫌いと人の好き嫌いの関連性について 松田空

13時15分 休憩

第二セッション 13時30分~14時45分
左右対称顔が他者に与える印象 鷹野七海
化粧行為による武装感と対人態度について ―どのような心理によって鎧を身に纏うという行為するのか― 城元宏美
シンデレラコンプレックスと関係不安 ―なぜシンデレラコンプレックスの女性は男性と良好な関係を築けないのか― 峰行ひなの
セクハラは仕方のないことなのか ~性差別に囚われる女性たち~ 森原ゆきの
クレームに対しての労働の仕方 平田睦

14時45分 休憩

第三セッション 15時00分~16時15分
「目的に応じて書く」ことができるようになるためには何が必要か─国語力とセルフ・モニタリング・価値志向性に着目して─ 内田詩織
余暇の過ごし方の違いからみる社会的背景 森井康太
ひとり行動へ影響を与えている要因の検討 大朝健太
日本でE-スポーツを進める方法について 孫ジュンジェ
自動運転化に伴うドライバーの注意力低下に対しての喚起 福田裕哉

16時15分 休憩

第四セッション 16時30分~17時30分
アイデンティティの在り処 ―「本当の私」にこだわるのはなぜか― 池田菜央
人がもつ内的要因と香りの好みの関係性 ―どういった内的要因の人がどの香りを好むのか― 石川彩乃
承認欲求を満たすめに行われるアイドルファンの課金行動 鳥越あゆ実
オタクが持つメタステレオイプによる趣味開示抵抗感の検討 田島綾乃

カテゴリー: 未分類 | コメントする

社会調査実習中間報告会(10月9日)

10月9日(火曜日)15時10分~16時40分(4限)に社会学部棟2階社会調査実習室にて、稲増ゼミ調査実習中間報告会を行います。稲増ゼミ6期生(3年生)は4つの班に分かれて4月から文献購読発表・仮説や質問項目の検討などを行ってきましたが、10月下旬に調査を行う前に、履修者以外にも公開する形での報告会を行います。今年の班は以下の4つです。

消費者心理班
告白班
いじりコミュニケーション班
苦情班

各班12分程度のプレゼンと質疑応答が行われます。
稲増ゼミ4回生のみなさん、2回生のみなさん、ゼミ選択を考えている1回生のみなさん、それ以外の方々など、みなさんのご参加をお待ちしています(学内の方はとくに事前連絡は必要ありませんが、学外の方がいらっしゃる場合には、事前にご連絡ください)。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

稲増ゼミ4期卒業論文発表会

1月29日月曜日に社会学部棟201教室にて、2017年度の稲増ゼミ4期生21名の卒業論文発表会を行います。1人の持ち時間は15分、発表12分質疑応答3分の社会心理学会スタイルです。

稲増ゼミのゼミ生だけでなく、同級生や先輩の発表を聞きたい他ゼミ・他学部の方、稲増ゼミの志望を考えている1回生などはもちろん、当日はどなたでも参加していただけますが、学外の方はご一報いただけますと幸いです。もちろん、途中入場、途中退室についても問題ありません。

なお、卒業旅行・内定先企業の研修などの理由で当日欠席する学生については、事前にパワポを預かった上で指導教員が代わりに紹介します(もしくは可能ならば中継?)。

第一セッション 12時~13時30分
努力の自己呈示方略から見る日本人の心理的傾向 増井峻太
ヤジから見たプロ野球ファンの心理に関する研究~なぜファンは選手を「ヤジる」のか~ 大村幸喜
横浜市民はなぜプライドが高いのか―地元愛を社会心理学的観点から考察して― 八木貴司
自己啓発書を購読する人とは―自己啓発書ブームに潜む社会背景から― 中山春菜
クリスチャンと讃美歌~キリスト信仰が賛美の印象に与える影響~ 勝部依里
なぜ『VERY』が売れているのか~「VERY妻」はそこにいる~ 平井里実

13時30分 休憩

第二セッション 13時45分~15時00分
表面上の仲直りはいつ起こるのか~許容と対人関係の視点から~ 若佐里彩乃
見知らぬ他者への気遣い行動―他者のためだけでなく、自分のために― 金田菜月
なぜ男性をかわいいと思うのか―女性の社会的側面と心理的側面からの考察― 宮瞳
マウンティング女子ブームにみる対人コミュニケーション 水谷俊太
集団における陰口の効用とは 伏谷理沙

15時00分 休憩

第三セッション 15時15分~16時30分
大学満足度は学校の雰囲気で形成されるのか~関西学院大学に着目して~ 松下奈央
サーバント・リーダーシップの影響過程の研究 野々村友佑
集団と個人の地位が満足度に与える影響について~なぜオタサーの姫は幸せそうなのか~ 大川夏実
好きな音楽に現れる特性―好きな「歌詞」に焦点を当てて― 永田優奈
大学生のスクールカースト研究~嘘を使いこなす弱パリピは学校を謳歌する~ 山本翔太

16時30分 休憩

第四セッション 16時45分~18時
なぜ「高校生の野球大会」が日本では人気なのか 西野寛人
なぜ人は情報セキュリティ対策をしないのか-リスク認知の観点から- 松浦拓海
乗車時にイヤホンで音楽を聴く人々の心理とパーソナルスペースの関係 三澤万希子
ニュース番組の伝わりやすさ―番組形式と視聴者のリラックス状態に着目して― 和泉谷香苗
メディアの中の他者の意見―なぜ報道番組においてコメンテーター・エクゼンプラ―が重宝されるのか 北川茉里奈

カテゴリー: 未分類 | コメントする

社会調査実習1中間報告会(10月10日)

10月10日(火曜日)13時30分~15時にD303教室にて、稲増ゼミ調査実習中間報告会を行います。例年この時期に2回生を対象としたゼミ説明会の中で中間報告を行ってきましたが、今年は春にゼミ応募が終わっていますので、中間報告会として単独で開催します。今年の班は以下の4つです。

嫉妬班
健康食品班
アイドルへの課金と承認班
広告班

各班10分程度のプレゼンと質疑応答が行われます。
稲増ゼミ4回生のみなさん、2回生のみなさん、ゼミ選択を考えている1回生のみなさん、それ以外の方々など、みなさんのご参加をお待ちしています(学内の方はとくに事前連絡は必要ありませんが、学外の方がいらっしゃる場合には、事前にご連絡ください)。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

稲増ゼミ3期卒業論文発表会

1月26日木曜日に社会学部棟202教室にて、2016年度の稲増ゼミ3期生21名の卒業論文発表会を行います。1人の持ち時間は15分、発表12分質疑応答3分の社会心理学会スタイルです。

稲増ゼミのゼミ生・内定生だけでなく、同級生や先輩の発表を聞きたい他ゼミ・他学部の方、稲増ゼミの志望を考えている1回生などはもちろん、当日はどなたでも参加していただけますが、学外の方はご一報いただけますと幸いです。もちろん、途中入場、途中退室についても問題ありません。

12時00分 山内美和 おせっかい行動から見る関西人の地元利他主義-わいが地元背負ってるで!-」
12時15分  榊萌恵 なつかしさの感情への影響-個人的ノスタルジアの内省と共有-」
12時30分 新井真優 第三者への向社会的行動促進要因に関する実証的研究-人は思いやりの心から第三者を実際に助けるのか-
12時45分 田中楓梨 大学生の幸福についての研究~集団との関わりという視点から
13時00分 宮本翔平 「社畜」としての労働者の心性と行動に関する一考察
13時15分 寉岡祐太 「ほめ」と規範意識

13時30分 休憩

13時45分 加戸可那子 有機野菜購入は安心でしかないのか-消費者の環境への志向-
14時00分 吉田京平 社会的迷惑行為として のビニール傘盗難行為~傘との別れは突然に~
14時15分 藤井朱那  なぜ若者は政治に参加しないのか-政治関心と政治的社会化・社会関係資本との関連から-
14時30分 杉原若奈 女子校出身者と共学出身者の価値観の違いに関する研究-こじらせ女子たちの今後-
14時45分 音野ひかり 化粧行動と心理特性の関連-なぜ化粧品にお金をかけるのかー

15時00分     休憩

15時15分 志摩実里 音楽の有料/無料聴取層とその心理的側面についての研究
15時30分 横田りさ 美術の価値とは~人の心理との関係から~
15時45分 城戸こよみ 超高関与消費者である宝塚ファンの特性とファン行動との関連性についての研究
16時00分 行松優平 なぜ箱根駅伝は人気なのか~物語実況の背景から~
16時15分  光富俊司 筋肉トレーニングと自己意識~最高の人生の見つけ方~

16時30分     休憩

16時45分  川口直輝 タメ口コミュニケーションが親密度に及ぼす影響
17時00分 田島皓太 顔の表情と愛着スタイルの関連の検討~顔を気にしない日など~
17時15分 橋本眞佑美 占いを信じる人々の特性に関する研究
17時30分 山田真実子 対面コミュニケーションと非対面コミュニケーションの心理的影響の差異について
17時45分 宅野直希 Twitter分析~心理的要因による使用頻度の分析~

カテゴリー: 教育 | コメントする

第56回社会心理学会

10月31日~11月1日に東京女子大学で行われた社会心理学会では、口頭発表とイブニングセッションにて計2件の発表を行いました。

口頭発表は色々な方に「なんでそんな研究始めたの?」と言われた、これまでの僕の研究(つまりはメディアや政治の研究)と直接関係ないものです。しかし、同年代との飲み会になると冗談交じりに「もう世代間闘争しかない」みたいな話になったりするので、実は前々から「世代」というテーマについてはきちんと考えてみたいなと思ってもいました。

そこで、来年の3月に出版される池田先生編の世界価値観調査についての本で、どの項目を担当したいかと聞かれた際には、ここぞとばかりに「世代」についての項目を挙げたのですが、日本の人々の「世代」を巡る質問に対する回答が非常に面白かったため、学会でも発表したいと思った次第です。

とくに高齢者に対する態度は、ある項目では57か国中もっともポジティブ、別の項目では57か国中もっともネガティブなんてこともあるので、単集を見ているだけで面白いのです。

イブニングセッションは、単なるチュートリアルではない形でテキスト分析を扱うということで、こちらも前々から思っていた安易なテキスト分析への疑問をぶつける形となり、他の2名の先輩方の高度な発表内容もあり、「わーい、テキストマイニングだ、楽しそう」とやってきた大勢の方々を絶望のどん底に叩き落とした気がしないでもありません。

しかし、聴衆の方々の中から、数名であっても前処理や機械学習を身に着け、本当に面白いテキスト分析を用いた研究を発表するようになってくれることを願ってやみません。僕もこれらを勉強しなければと思いますが、「コンピューターが苦手な人でも面白いテキスト分析を行うにはどうすれば良いか」を実践してきたのが博士課程の僕の研究履歴だったと思いますので、そちらの方向もさらに模索していければと思います。

カテゴリー: 研究 | コメントする

APSA発表

American Political Science AssociationのConferenceで発表を行ってきます。

先日の首相の謝罪実験は、今回発表する日本の有権者を対象とした

政府の外交戦略に対する実験の韓国とアメリカでの追試に組み込んだものでした。

 

多湖淳さんと小濱祥子さんと一緒に参加しますが、

お二人は国際関係論(International Relations)の研究者なので、

僕はPolitical communicationや Political Psychology、Public Opinion

などのパネルを1人でふらふらしようかと思っています。

 

APSAに参加するのは初めてなのですが、それにしても学会の規模が桁違い。

たとえば、Political communication Divisionのパネルだけで、

4日間の学会中の時間帯がすべて埋まり、同一時間帯の並行セッションまで

存在するというのは、想像を絶するレベルです。

 

日本にはPolitical communicationの研究者がただでさえ少ないのに、

バラバラという危機感から、小林哲郎さんが政治コミュニケーション研究会を

立ち上げたのはよくわかる気がします。

 

APSAは珍しく日本の私立大学に所属する研究者が授業を休講にしなくても

参加できる時期に行われる国際学会なので、これからも参加していきたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

首相の「お詫び」実験

神戸大の多湖淳さん北大の小濱祥子さんとの共同研究プロジェクトである

CROP-ITにおいて行った実験の結果が日経ビジネスオンラインで紹介されました。

 

実験の結果は、村山談話(戦後50年談話)と安倍米国議会演説を

順番を変えて読ませた場合に、両者の内容が比較でいずれかの謝罪の効果が弱まることはなく、

どちらの順番で読んでも、相乗効果で十分な謝罪であるという評価が増えるというものです。

 

CROP-ITにおいては英語の論文として成果を発表することが重視されていますので、

英語の査読付き論文に載るような研究を行うことが活動の第一の目標となります。

 

一方で、政治と外交の対外情報情報発信というテーマ、日本社会への貢献ということを考えると、

タイムリーな事項を扱い、メディアを通じて専門外の方々にも知見が伝わるということも、

同時に重視されるべきことだろうと考えられます。

 

今回は、元々米国・韓国で行う予定だった別のサーベイ実験に、

もうひとつ簡単な実験を組み込むことが可能だろうということで、

急遽質問項目を追加したことが、興味深い知見を得ることに繋がりました。

 

専門性を高めることと間口を広げることを両立するのは極めて難しいことですが、

それが出来なかった業界が衰退している姿を見るにつけ、

なんとかしてこの難しい課題に取り組んでいかなければと思います。

カテゴリー: 研究 | コメントする

ウェブサイトを開設しました。

7月11日土曜日に関西学院大学社会心理学研究センターの主催で行われたセミナーにて、

比治山大学の前田和寛先生から、Word Pressを用いたウェブサイトの作成法を教わりました。

 

午前中に独自ドメインの取得とレンタルサーバーの契約を行い、午後はWord pressの使い方をみっちり教わり、一日でウェブサイトが開設できるだけの知識が身に付く、とても充実したセミナーでした。

 

社会心理学研究センターの僕以外のコアメンバー3名はサイトを既に持っているのはもちろんのこととして、関西生まれインターネット育ちの人、EXCELのマクロで動く統計ソフトを作っちゃう人、実験プログラムをバリバリ書いている人なので、受講生のためにオーバースペックTAを務められていたのですが、僕は初心者なので受講生として参加していました。

 

せっかくサイトの作り方を教わったので、コンテンツをこれから充実させていきたいと思っています。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント